ロング、キャンプツアラー必携!な装備を付けました
ナビを使ってツーリングしたり、キャンプツーリングでは電源の確保は必須。
今までなくて、ナビを使える時間が限られていただけに、さっさとやっておきたいカスタムでした

今回もМрія1と同じく、キーオンで電流が流れるように付けてやりました。用意したのはこれ

DSC_0676

バイク屋ならば恐らくどこでも置いてある、ニューイングの防水シガーソケットとUSBが一緒になってるやつです
右のエーモンのコネクターは結局使いませんでした。

まずカブでキーオンで電流が流れる線は黒いやつ。というのは結構知られていると思いますが、私もそれでやってます

Мрія1ではウインカーリレーのとこにコネクターつけて、そこにギボシを介して+をつないで、-は適当にアースをとってました。
今回もそれを踏襲しようと思ってましたが、シガーソケットの線をフレームの中通したりするのがめんどくさかったので、ほかのとこから電源をとることに。

ナナカンのマコトさんにはフロントブレーキのライトスイッチがオススメと教わったので、とりあえずライトを外してみることに

DSC_0684

普通のカブに、カスタムのハーネス突っ込んで配線ギチギチになったМрія1と違い、配線に余裕があります。
MD90もV型からヘッドライトが大きくなったみたいなので、余裕さも増してる・・・と思います。ついでにメーターもここで変更されてます。
あとMD90は普通のカブとはライトバルブまで違いますぜ。12V 25W/25Wというやつでした。接続もソケットに回してつけるんじゃなくてコネクターでした

さて、フロントブレーキの黒線漁ってたら、ちょうどいいモノ見つけました

DSC_0683

黒線が1本あまってるじゃないですか。今まで特に不具合もないし、外れているわけではない・・・と思います。この時は確認するの忘れてました

一応キーオンで電流が流れるかテスターでc’k

電流を確認できたので、ライトケース後ろのハーネスがいっぱい通ってるところから、シガーソケットの+線を突っ込みます。ちなみにシガーソケットの+線は

DSC_0649

あらかじめギボシのオスをつけておきました。ちなみに使ったのはこれです

DSC_0648

バイク用品屋で買って置いといたやつ。ホムセンのエーモンのやつだとでかすぎてカブのハーネスには使えないはず。
ちなみに-側はクワガタ端子のままです

+側をハーネスのメスに突っ込んだら、-を適当にフレームアースさせます。今回選んだ場所は

DSC_0700

エアーサクションバルブを固定しているステーのボルトに共締めしました。
MDってフレームアースをとれそうな場所が、見た感じここくらいしかない

接続が済んだところで、シガーソケットに電流が流れるかテスターでc’k・・・おk

次に実際に装備品つけて確認

DSC_0685

今使ってるソニーのナビです。充電のアイコンが出てるので成功です


さて、線をつないだら次は車体への固定です
Мрія1は、ホムセンのステンレスパイプをステーやらで固定したことろにパイプクランプしていましたが、今回は違う方法をとります

DSC_0686

用意したのはこちら。頭の低いボルトに、手で曲げられるステーです

まずはステーの穴をボルトが通るように拡大。シガー固定用が2ヶ所、車体への固定で1ヶ所の計3ヶ所行いました

DSC_0687

次にシガーソケットに付属している部品に、ステーから穴をトレース。中心からずれちゃいましたね・・・

DSC_0689

そして2つを低頭ボルトを使って締め付け

DSC_0690

で、プラスチックの部品を、シガーソケットへ付属の木ねじを使って取り付け。

DSC_0721

あとはボルトとかが干渉しないようにステーを曲げて取り付け。あまった配線はフレームの上を適当に這わせておきました

これにて取り付けは終了。これでナビのバッテリー切れも、キャンプツー時の携帯の充電もできます。お金がかからない割にリターンの大きいカスタムです

ただ予想はしてましたが、ステーがやわでシガーの抜き差しを両手でやんないといけないですね。
ちょうどよさげな、ごついステーがあれば換えてやりますかね

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
ヒョウカボタンヲオスノデス!!