前回の御前崎以来、1か月ぶりのミーティング。当方に進撃の準備あり!!逝くぞ相棒





さて、前回の御前崎では友人の事故もあり、大遅刻ありで余り満喫したとはいえぬものでした。
今回のミーティングでは完全燃焼してやるぜッ!!とひとり意味もなく気合を入れてました


DSC_0005

気合入れた末できた産物。金曜寝ながら発案、土曜日完成の突貫工事。塗装が若干乾いてないうちに触って指紋ついたけどそれ以外はまあ問題無し。あとで修正が必要だ

ものは見ての通り、ナビの幻惑防止用のシールド。名付けてグレアシールド。どの程度働いてくれるかテストです

このナビは半透過液晶という外でも見やすい液晶を採用してるのがうたい文句ですが、直射日光の下ではやはり見にくい。そして充電しながらだと防水性能皆無という、バイク用として売り出すにあたってどうなんだという欠陥を抱えているので、日差しを遮る、雨を防ぐという目的で作りました。

結果的には画面の視認性は大幅に向上。昼間でぱっと見でも文字が読めます。そして後ろから雨が流れてこない限り雨も防げます。作って正解でした



さて、こいつの話はさておき当日の話へ。

こいつを作った土曜日は夜の21時過ぎに床に就く。でも寝付けずにたぶん寝たのは22時過ぎ


そして起床は2:30。しかしそんな早起きしやんでええやんということで、若干うだうだして2:50起床。

そのあと準備を整え、3:31。藤沢出発


DSC_0002

DSC_0003

行くぜ・・・!!


DSC_0008

まずは国道1号線で横浜まで。今回は前回のよう失態を犯さぬために、ガンガンペースを上げていきます。
一応渋滞なんかがあるといけないので、余裕をもって6時間半で到着の予定でセッティング

横浜からは国道15号で都内へ


DSC_0011

朝の都内。都内は信号ばっかで超イライラ棒。原付で都内をバイパスできる道が切実に欲しい。あとタクシーあんなに走る必要ないやろ。ぶっちゃけ邪魔である

都内で国道15号から国道4号へ。ここからはもう須賀川まで1本道です


DSC_0068

朝の新国道4号バイパスを駆け抜ける。GWの時のようにキャンプ道具満載で遅くないし、向かい風でもないから思う存分に速度は伸びます。


MD90、今、お前に生命を吹き込んでやる!魂があるなら・・・応えろ!!



新国道4号バイパスに入ってからというもの、都内のように信号停止も多くないし、車線が多く、ペースの遅い車に捕まることもないのでペースはウナギ登り。

このまま時間がたって車が増えてペース落ちるのも嫌なので、ノンストップ甲特急の勢いでかっ飛ばす


DSC_0116

GWの時に見えた那須岳は今日は見えず。


DSC_0134

福島入り。時刻は8時11分。出発から4時間39分。前回より1時間40分も早い。やはり休憩なしでぶっ飛ばすのは効果てきめんですね


DSC_0143

須賀川まで22km。福島入りした時点でかなりの早着になるのはわかってましたが、この際記録を作っておこうということで朝飯の時間も削って一気に須賀川へ

会場前の交差点まで来たとき、前にカメテツさん一行が右折待ちしていました。手を振られて気が付きました。


結局会場到着は8:57ごろ。時間にして5時間26分。正直9時前につくとは思わなかったので少し驚き。俺もまだまだヤればデキる。そして東北は近い。


ブログ用3

会場到着後に相棒を所定の位置へ。しかしここまで変態車両が多いと普通の郵便屋な相棒はあまり目立たないですね

到着後はとりあえず朝飯用に持って来たカロリーメイトを食す。今の今まで朝食べてなかったので


飯食べたらカブ主さんと話したり、カブ見たり。とりあえず気になった車両をば


DSC_0160

あんどんではない旧カブ。エンジンがHA02になる以前のCS90系のC90エンジン搭載車。つまりMD90のご先祖様


DSC_0161

エンジンの形はほぼ同じ。しかしサイドカバーの形がMD90とは違う。年代的にいつの車両でしょう


DSC_0237

昔のカブってチェンジペダルがシンプルなんですね。ステップもすごい細いし


DSC_0222

MD90のご先祖様シリーズその2、C201。
エンジンがMDに似ていると思ってじろじろ見ていたら、その変態的行為がオーナーさんの目にとまったらしくいろいろ教えてもらいました

DSC_0214

DSC_0216

DSC_0215

DSC_0218

エンジンはOHC。先代のC200というモデルがOHVらしい。
排気量89cc、オイル容量0.9リッターとMD90Eと共通。まぎれもなくМрія2のご先祖様です。

進化の系統としてはC200→C201→CS90→遠心化してCM90→C90→MD90みたいな感じでしょうか
C200の誕生はホンダによると1963/5らしい。つまり今ちょうど50年。すげえ

このC200自体はエンジンのインシュレーター(かな?)以外を交換した以外はノンレストアで、走行距離も実走行だそうで。ちなみに4000km台。うちのMDの7分の1以下。その極め付けがこれ


DSC_0220

このタイヤ、当時物らしいです。つまり50年近く前の物。大丈夫なのか?たぶん大丈夫なんでしょう。ボロボロですが


DSC_0221

NITTO。聞いたことないけど、調べたら東洋タイヤのブランドらしい。今はないメーカーだよと教えてもらいましたが、バイク用はないぜって意味でしょうか


DSC_0248

MDのご先祖様その3。さっき名前がちらって出たC200。てかさっきのC90の横にいたという


DSC_0254

C100のOHVと似たような感じの角ばったごついヘッドがOHVであることを主張する。

DSC_0256

このごつい造形がいいですね~


DSC_0257

MD90のご先祖様2台並び。横に並べてみたかった。とりあえずこれでご先祖様シリーズ終了。これ見れただけでもおなかいっぱいです


DSC_0163

このDXとカスタムがつけてる箱、前にМрія1に付けてたやつで懐かしい。それだけです
しかしこのDX、会場では気が付かなかったけど、何気にセル付きエンジン載せてますね


DSC_0166

ホルスタイン。今日のためにわざわざ仕上げてきた1台だそうで。牛乳箱がイカしてます。名刺もありがとうございました


DSC_0167

古いハーレーでも来てるのかと思ったら違う。エンジンは横型積んでます(中華っぽいけど)
積載性能では私のボテ箱ですら及ばぬ凄まじさ。すげえ


ブログ用4

箱が痛い・・・痛いぜ・・・でも、嫌いじゃないわ!!


DSC_0183

このアイデア、やろうと思ってて結局後回しにしてたんですよね。後でやろう(やらないフラグ)


DSC_0194

すんごいやれたC105(かな?)。しかしこのカブはやれているだけじゃない


DSC_0197

キャブの横になんかステーがあるのがおわかりいただけるだろうか?
この車両は俗に言う吊りカブのようです。詳しくはWebに任せますが、とりあえずすごく貴重な車両です


DSC_0196

このマフラーの吊りステーも当時物なんでしょうか


DSC_0223

オレンジ色のきれいなカブ


DSC_0224

特徴的なストライプパターン。ステッカーにも同じストライプで色が配されているのを見る限り、純正らしい。どこ向けに作られたカブなんでしょうか


DSC_0228

今回は私のほかにMDいないぜ!!勝った!!(何にだ)と思ってましたが、いました。色のせいで遠目にはメイトに見えました。


DSC_0229

型式はMD70。希少品です

ここでもあちこち眺めていた変態行為が目に付いたのか、オーナーさんに話しかけられました。
仕様としてはCD90エンジンにカムやキャブの変更によりパワーアップ。メーターを軽く振りきる力があるそうで。昔はレーサーとして走っていたらしいです。


DSC_0206

カブ以外のバイクも。CB750Four。やはり風格があります。4本出しマフラーかっこいいです。今のスーパースポーツが付けてる短小マフラーダウンのショートタイプはどうも好きになれない


DSC_0208

CB750のウインカー。確かにMDのやつと形がそっくりです


DSC_0274

CB72。タンクに書いてありました。
バリバリのレーサー仕様で消音?なにそれおいしいの?と言わんばかりの暴力的な音でした。サーキットを走ってるのを見てみたい

エンジンは250ccパラツイン。うちのCB125Tとは兄弟的関係にあるはず。


一応写真を撮ったのはこのくらい。エントリーナンバー的に200台以上参加していましたが、そんなにいましたっけ?会場が広いからあまりそう思いませんでした。

ミーティングだけではなくジャンケン大会や抽選会なども充実。抽選でくまたぱんってものをもらいました。ありがとうございました


抽選が終わった後は帰る人が結構出てきて、カブだらけだった草原も落ち着いた風景になってきて

1時半過ぎに私も出発。帰りは一人ではなくカメテツさん、ネコマさん、カブヒロさん、長じゃーさん、自分の5台で帰ります


DSC_0289

帰路も国道4号をトコトコと。だいぶと曇ってきました


ブログ用2

帰りのすき屋の駐車場にて。郵便屋、出前、新聞屋。カブのビジネス特化仕様の3トップが奇跡の集結。傍から見たらいったいどのように映るんでしょう。

そしてネコマさん、牛丼ごちそうさまでした

出発前、雲行きが怪しかったので雨天装備を上下に装備


ここからカメラ装備はないんで写真は無しです。


出発後も再び国道4号。

白河まで南下したところでカブヒロさんがブレイク。残った4台で南下を続けます


新4号バイパス入ってあたりで雨がぽつぽつと。雨天装備は必要ないくらいですが、先で本降りにならぬことを祈ります

新4号バイパス途中の道の駅しもつけで一度休憩。ここで土産とうまい棒とコーラ購入。み・・・水・・・


再出発してしばらくして古河市付近だったかでカメテツさん、ネコマさんとブレイク。長じゃーさんと自分の2台で一路都内へ


ブログ用

都内入りしてからガストで晩御飯。その駐車場にて。
オサレ木箱のカメテツさん、箱搭載ツアラー仕様のネコマさんと別れてからずっとこの2台で走ってました。

郵便屋とマルシン装備の2台。一般人はおろか、バイク乗りですらツーリング中には見えないでしょう。もう一度言っときますが、俺らツーリング中です


晩飯食べてからは国道4号→国道15号と乗り継ぐ。川崎付近で雨が本降りに。どんだけ晴れても、やはり私は雨に降られる運命にあるらしい。ファッキン

雨の中を走り続け、国道15号の横浜駅手前で長じゃーさんとブレイク。この先は単機で藤沢まで。

横浜で国道1号に乗り換えてからは藤沢まで一直線。到着は22時10分ごろだったか


家についてからは明日有休で休みなのをいいことに2時くらいまで夜更かし。次の日起きたのは12時前でした。久しぶりによく寝ました


これにてレポート終了。最後になりましたが、今回のイベントを主催してくださった須賀川カブ主回の皆さん、会場でお話しした皆さん、復路を共にしたカメテツさん、ネコマさん、カブヒロさん、長じゃーさん。どうもありがとうございました。


次はカフェカブ京都ですが、なんか雲行きが怪しくなってきました。土曜出勤、回避できるか


終わり


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
とんでもねぇ、(押すのを)待ってたんだ・・・!!