まだGWツーリングが完結していないというね。まあうちのツーレポは速報性皆無の読む気が失せる長さでお届けしておりますので。気張らずゆるりと行きましょうや

というわけで本編だッ!!
午前2:30、となりのテントで寝ていた子供が泣き叫ぶ声に叩き起こされました。

これ以前にもだだこねてたりと泣き虫な子のようで。子供は泣くのが仕事とは言いますが、流石に深夜に叩き起こされるのはたまったもんじゃないぜ


子供が泣きやんでからしばらくして就寝。それから5:30起床


DSC_0434_01

何が写ってるかわかりにくいんですが、環天頂アークという割合珍しい現象が見れました。画面中央上付近の微妙に虹色になってるのがそれ。

今日は昨日より手際よく片づけたつもりですが、出発は8:20過ぎ。もっと手際よくなりたいものです


DSC_0438_01

DSC_0436_01

<<Мрія Team,your cleared for take off>>

出発後、大上峠を通って国道299号へ


DSC_0443_01

299号に合流してしばらくは道幅広めの片側1車線の快走路が続きます。しかし十石峠が近付いて来たらしく、幅員減少の標識が


DSC_0444_01

十石峠。想像以上に峠っぽかった。もっとゆるい峠だと思ってたんですが


DSC_0447_01

十石峠で群馬県入り。まあ昨日泊ってたのも群馬なんですが。


DSC_0449_01

十石峠。かつて米のとれない上州地方西部の山間部に、信州佐久平から一日十石の米を運び込んでいた道であることからこの名がつけられたとされる。・・・ウィキペたんより


DSC_0450_01

ここにあった展望台。せっかくだから、俺はこの赤の塔に登るぜ!!


DSC_0451_01

DSC_0452_01

DSC_0456_01

DSC_0455_01

塔からの展望。いい眺めです


DSC_0453_01

ひときわ特徴的な山。位置的に妙義山っぽい。なぜここが印象に残ってるかと言ったら、去年の盆に妙義山道路を走ってるときに、カーブ曲がり切れずにカブとガードレールの間に挟まっちまったからです。
スピードそんなに出てなかったとはいえ、痛かったぜ。傷痕いまだに残ってるしおすし。


DSC_0457_01

これより進む道を眺める。そして展望を満喫したところで塔を降りる


DSC_0461_01

塔の内部。見た目はナチュラルですが、中身は工業チック。この亜鉛メッキの階段が個人的にはツボ。


DSC_0463_01

展望台を出発し十石峠のダウンヒルへ。いい眺めです


DSC_0464_01

が、通行止め。すぐそばの迂回路を抜けていきます


DSC_0467_01

矢弓沢林道。ダートではなく舗装林道なので、さして変わりなく走れます


DSC_0469_01

林道途中にあった看板。この魚がやらしい目つきに見えるのは私だけ?


DSC_0471_01

林道の途中で。やはり峠道はいいものです。相棒はずっと唸りっぱなしですが


DSC_0475_01

ここは舗装林道なので楽勝だろう。そう思っていた時期が俺にもありました。

林道を進むにつれて、砂利の浮いている箇所がかなり出てきました。コーナーの途中だろうが容赦なしです。一回フロントが取られて焦った。この装備でこけたらダメージはかなりでかい。怖かったぜ


DSC_0483_01

高度が下がって、新緑の季節らしい風景になってきました。そういえば今の今までこんな風景見てなかった。ずっと標高1000m以上をうろうろしてましたからね


DSC_0491_01

峠を下りきって片側1車線の快走路になりました。写真のここからメロディーラインなるものがあったので指定の50km/hで巡航してみた


・・・・・・


なんも聞こえねぇ


まあ冷静に考えれば、バイクは車よりタイヤの接地面積少ないし、エクゾーストサウンドも大きいし直接聞こえるから聞こえなくても仕方ないね


DSC_0495_01

新緑の中を流していきます。ダウンヒルなんで楽ちんです

ここらへんで積極的にヤエーをやってみたんですが、返答率ほぼ100%でした。素直にうれしいですね


DSC_0522_01

国道299号で秩父市まで来ました。

この後国道299号から国道140号へ乗り継ぎ。それから県道11号定峰峠へ


DSC_0537_01

県道11号、定峰峠。カメテツさんの動画見て片側1車線の峠を想像してたんですが、全然違う。想像以上に田舎道の峠です


DSC_0547_01

定峰峠の途中にて。こういう開けた場所があると写真を撮りたくなる


DSC_0558_01

峠を登りきって峠の茶屋に到着。GWらしく、バイクが大量にいます。脊椎プロテクターまで装備した走り屋も多数。まだまだ走り屋なんて人たちがいたんですね。

ここの駐車場でしばし休憩。
BMWのアドベンチャー?デュアルパーパス?っていうんでしょうか。のライダーの人らに声をかけられました。
うちの子についてるMRDボックスについていろいろ聞かれました。なんとなくBMWライダーっぽい目の付けどころです。

どうでもいい話ですが、最近、アドベンチャーとか言われるバイクがかっこ良く見えてきました。速いバイクも好きですが、やはり旅する為のバイクってのに最近は惹かれます。主な用途がツーリングってのも大いに関係ありますが。
でもカブも十分にアドベンチャーと呼べる性能ですよね。しかし、タイヤのちっこいMDはオフには向いてませんけどね・・・


しばらくゆっくりしてから出発

出発後は定峰峠を東秩父方面へ。峠を降り切ったのちに給油。


これから先は目的地とかあんまり決めてなかったので、その辺をぶらぶらすることに。

そして二本木峠という言葉に惹かれ、そっちへ向かう


DSC_0571_01

DSC_0575_01

二本木峠へ向かう途中の二本木林道にて。新緑の森に郵政レッドが映える


DSC_0576_01

途中で視界が開けました。ちょっとガスがかってますが、街が見えます。適当に立ち寄ったところでこんな景色が見られて僕、満足!!


DSC_0596_01

二本木林道から県道361号二本木峠へ。ハイキングに来ている人が多数。


DSC_0600_01

二本木峠途中の駐車場。秩父登谷高原牧場ってとこを目指してきましたが、売店っぽいものを見つけられずにマップの確認に停車したところ
ついでに標高2000m越えをするために固めた装備がここまで来るとさすがに暑いのでキャストオフ。

キャストオフしてる最中にじーちゃんが通って行き、私に一言

「ここまで山道やと配達も大変やな!!」

じっちゃん、俺、郵便屋じゃないです。通りすがりのツーリングライダーです。郵便屋のバイクですけど


ナビによると、南に向かえば
埼玉県秩父高原牧場なるものがあるらしいので、道を引き返してそちらへ向かうことに


DSC_0607_01

埼玉県秩父高原牧場にて。なかなかに大きな牧場です。こんな感じで牛とかがいっぱいいます。
立地的に来やすいためか、家族連れが多数。ツーリングライダーも割といます


DSC_0605_01

牧場と言ったら、ツーリングと行ったらソフトである!!

というわけで、埼玉県の街と牧場の風景を見つつ、ソフトを食す。ウマシ


DSC_0614_01

ソフトを食べたのち出発。もう一度定峰峠に行ってみます


DSC_0615_01

定峰峠に向かう途中で30000km達成。納車から5481.7km。納車から5カ月ちょいでの達成。ほとんどツーリングでしか走ってないことを考えれば上等かな

そしてこの写真を撮ったあと、発進しようとした時にバランス崩して立ちごけしたなんて誰にも言えない。起してる最中を通り過ぎて行ったバイクに見られたなんてもっと言えない

ちなみにこけた時に自分の足が相棒と縁石の間にはさまっちまったので、相棒はフルバンク停車せずに済みました。なので傷はついてません


DSC_0617_01

峠の茶屋まで戻ってきました。ここで遅めの昼飯。時刻は14時前。

ここの茶屋、程よいボロさ加減が落ち着きます。実家にいるみたいです


飯を食べてからしばらくゆっくりしてましたが、雲行きがだんだん怪しくなってきて、16時前に雨がぱらついてきたのもあり、帰ることに。時間的にどこにも寄れないためこのまま藤沢まで直帰です


帰りは要所要所で渋滞が発生。すり抜けも使いますが、キャンプ装備で鈍重なため、あまり無理はせず。


藤沢到着は20時過ぎ。雨は結局定峰付近でぱらついた程度で帰ってこれました


DSC_0620_01

3日目走行距離:::::::::::>>262.5km
3日間合計:::::::::::::::>>811.65km

GW総走行距離::::::::::>>1874.25km

今回は目標だった東北全県制覇は天気のせいで撤退を余儀なくされましたが、2泊3日のキャンプでも結構いろいろと回れたので満足です。特にビーナスラインは皆で走った思い出の道。行けて良かった。また時間があったらゆっくり回りたいものです


終わり


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
面白い奴だな、気に入った。押すのは最後にしてやる