続き。ハンドルのの改造、車体の配線、その他カスタム詰め合わせ






















キャリアは完成しました。後は手元でライトのON/OFFが操作できるようにスイッチを取り付けます


DSC_0010

スイッチはこの防水スイッチを選択。信頼性第一です。ついでにLEDも付いているため、ON時にLEDが点灯するように配線してやればON/OFF状態が手元でわかります


このスイッチをハンドルへ取り付けるために


DSC_0326

このホースバンドで


DSC_0327

こんな感じでステーをハンドルへ固定。なおスイッチはまだ固定しておらず宙ぶらりんです。なんか適当なステーとタイラップで固定しようかと検討中

さて、せっかくハンドルが

DSC_0056

こういう状態になっているので、ハンドル回りも一気にカスタムしてやります


DSC_0077

まずは右のスイッチボックスの交換。今まではカスタム用のやつを無理矢理取り付けていましたが、まあこの機会にとリトルカブ用のやつを用意。
カスタムの無理矢理つけました感も気に入っていたんですけどね。ほかにそんなことしてる人いないし。ただスロットルが干渉して自動で戻らないという欠点もあったので


DSC_0202

とりあえず、取り付け前にピカールとか使って磨きました


DSC_0203

左のスイッチボックスも同じくピカールで磨き上げ。メッキとは違う磨け上げの質感が大好きなのです。


DSC_0054

あとブレーキレバーも転倒で削れてたので新品へ。こっちも磨き済み。ついでに上の長いレバーはMD用です



DSC_0076

後はメッキがくすんでさびも出ていたウインカーも磨き。地味に左右で形が違うことに気が付きました


あとは製造当時な26年もので転倒も重なり


DSC_0234

こうなっていたグリップを

DSC_0200

こいつを使ってリフレッシュ。ついでにスロットルコーンを


DSC_0201

POSHのハイスロにしました。バイパス、峠道走行多めと全開を多用する乗り方なのでこっちのほうが楽だろうと。純正と100円ほどしか変わりませんしね。
間違えてプラスチックかテフロンのスリップリングをいれずに組んでしまってあわてて外したのは内緒だ


DSC_0229

完成状態はこんな感じ。MDシートに合わせた配色にしようというもくろみでしたが、色がまだ茶色よりですね。でもこのアドベンチャーブルーメタリックにキャメルは結構お気に入り

さて、こんな感じでハンドルが完成したら車体へ取り付け。同時に電源→スイッチ→キャリアへの各配線も行います。


まず、車体からの電源取り出しについては

ウインカー改ポジションランプ→キーON直流電流

サブランプ→ヘッドライト用交流電流


とすることに。LEDに限らず、ダイオードは一方向にしか電流を流さず、さらにその逆方向に過電圧がかかるとぶっ壊れますが、ヘッドライト用に作ってあるんだし大丈夫だろうと。

電源を決めたらハーネス類なんかを新規作成


DSC_0215

いきなり完成状態。これはハンドルのスイッチ→サブランプ側への配線。黒いやつ2本がそれぞれの+線。緑がグランドです。
配線作製についてはバイク用品屋で手に入るハーネスとかギボシ端子を活用

DSC_0214

こういうやつとか。



DSC_0216

そしてこれが車体のハーネス→ハンドルスイッチへの配線。アース線はスイッチのLED点灯のためのもの


DSC_0217

さらにこれが車体のハーネス側の交流線である黄色線をハンドルのヘッドライトとサブランプ側2ヶ所へ分岐させるために作ったもの。純正ハーネスには手をつけたくなかったので。
このほかには車体側ハーネスのグランドだけでは足りなくなったので、グランド線を増やすための分岐線を作ったり。こんだけハーネス追加したのでもうハンドル内がカヲスです。ギッチギチです


一応ここで配線を説明すると

サブランプは
ハーネスの黄色線→3枚目の小さいハーネス→スイッチ→サブランプの白線といった感じに繋がってます

ウインカー改ポジションランプのほうは
ハーネスの黒線→スイッチ→サブランプの空色橙線へとつながってます


まあ至って単純です。こんな感じの配線なのでポジションはキーONで点灯、サブランプはエンジン始動で点灯という仕様になってます


DSC_0220

で、点灯させるとこうなります。うちのカブはヘッドライト常時点灯義務化以前の車体なので、ヘッドライトとポジションの切り替えが出来ます。なので昼間はヘッドライトを消してこれで走ればバルブの寿命が延ばせます。


DSC_0226

そしてヘッドライトも点灯させるとこうなります。流石に7.5WのLEDだけでは街灯の無い道じゃ心もとないですからね。それに白い光なLEDだけでは霧が出てきたときに詰むので
ウインカーも合わせて6灯ランプになりましたが、まとまってるのはやはり純正品カスタムのなせる業か。


最後にハンドル付いたのでミラーの取り付け。上の写真もうついてますけど

DSC_0235

いままではC100を左、右が社外のが付いてましたが、この右側の社外品がアーム短いせいで後ろが見えて無かったので


DSC_0046

DSC_0047

部品交換会で手に入れた旧車用のやつをつけました。メッキがくすんでたのと防錆のためにこっちも磨き済み。


DSC_0225

取り付けた図。C100用みたいにネジ部が長いのでこうなってます


DSC_0227

メッキの輝きが美しいです。しかし高速時はぶれて後ろが見えないという・・・やはりステーの太いやつを買ってくるべきか。ミラーを買うのはこれで一体何度目なのか


こんな感じで一応サブランプの取り付けは終了。


キャリアの取り付けは、フォークをプレスカブ用に交換してないのであのごついステーをつけてませんが、あれは新聞みたいな重量物積載に必要なのであって、私みたいにテントやら銀マット積むだけなら必要無いだろうと


こんな感じでフロントキャリア交換は一応終了。後はスイッチの固定と端子部の防水をどうにかして終了といったところ。
あとはLEDがどこまで路面を照らせるかも見ておきたいところ。こいつは夜酷の闇を切り裂く光となりうるのか。まあそこまでは期待せずに行こうと思います





にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
このブログを評価する秘孔は・・・ここだ