普通はつかない純正部品を、どうにかして取り付けてみようシリーズ



さて、冒頭から自分のカブ観みたいなものを言ってみますが、私は小奇麗にカスタムしたカブよりも、実用一直線でカスタムしたカブが大好きです。

言うなれば、ショップなんかに大金を投じてバーハンカスタムとか、フェンダーカットやら、ロンスイやらをつけて、きれいにまとめたカブよか、なんかその辺にある部品取りあえず付けたとか、ホムセンで買ってきた材料加工してなんか作ったとか、普通は付かないとか、どこぞのマニアックな純正部品をどうにかしてつけたとかそんなカブのほうが大好きです。積載力をより増やすためのカスタムとか大好物です


まあ、あくまで個人的なものなのでどうだってわけではないですがね。


さて、今回はそんな自分の趣味全開なカスタムと行きます。とその前にこれやる前に失敗したカスタム話を。


以前私はMD50のキャリアをМрія1に付けようとしました。

MD50のキャリアはC50系のキャリアと同じく、前部分をショック部分と共締め、後ろをフレーム穴にボルトで取り付ける方式です。

事前情報でポンでは付かないという情報がどこかで見たような気がしましたが、男は度胸、何でも試してみるのさということでやってみたわけです。


その結果は無加工では取り付かない。


原因はリアフェンダー部分の寸法の違いです。


ご存じの通り、MD50はあんどん時代から続くタンク別体式のフレームがベースになっています。
一方、Мрія1はカモメカブから誕生したタンクがフレームと一体となったタイプの、まあその辺のカブと同じものです。

これら2つのフレームではリアのショック部分とフェンダー部分の寸法が違うようで、Мрія1のほうが若干幅が広いのです

DSC_0159

DSC_0161 (42)

わかりづらい比較写真。上が前のショックと共締めする部分。下がフレームにボルト止めする部分。どちらもMD用のほうが寸法が小さいことが分かるはずです。

で、キャリアもものすごく頑丈なので、曲げて寸法を広げることもできずに、MD50キャリア取り付け作戦は見事に失敗したのでした・・・






しかし、懲りぬ私は何とかしてMDキャリアをつけたい。

そこでМрія2から取り外した貯保用のキャリアを試しにつけてみる。


DSC_0210

何と後ろのボルト締めのところは寸法がぴったりです。


DSC_0211

前の部分はMD90とC50で固定方法が異なるので、ポンというわけにはいきませんが、ステーさえどうにかすればつけられそう。というわけでMD90キャリアを取り付けるべく作戦開始。


まずはステーを用意します


DSC_0691

東急ハンズにて仕入れたアルミのアングルです。鉄に比べて加工しやすく、塗装しなくても耐食性に優れるということで。値段は高いですが、そこは社会人独身貴族の経済力でカバー。


DSC_0692

分厚いので、強度も十分。

で、こいつを最近購入したディスクグラインダーとかハンドドリルを使って加工します。


DSC_0694

いきなり飛びましたが、こんな感じで加工。


DSC_0695

上面はこんな感じ。左右で長さが違うのは、フェンダー上を通るウインカーやテールランプ用の配線を避けるため。少し歪な形の穴が、MDキャリアの前側のボルト穴に固定するところです。


DSC_0697
DSC_0698

DSC_0699

DSC_0696

実際にステーを装着した図。フレームのリアショック部のスタッドに共締めする部分の寸法ミスってガバガバになっちゃったけど仕方ないね


DSC_0701

取り付け前にC50のキャリアと比べてみました。C50キャリアはオーバーキャリア(小)を装着。

幅に関してはリアオーバーキャリア装備には劣りますが、キャリア後方に溶接された台形のフレームのおかげで、長さはかなり伸びます

なお大体見た感じでわかりますが、C50もMD90も、リアオーバーキャリアと台形の部分を除けば、大きさはほとんど同じです


DSC_0705

車体への取り付け前に箱搭載用のコンパネ乗せた図。箱の構造に関してはこっちを参照


DSC_0700

ついでにC50キャリア時代の様子。プラスチックサドルのみだと、固定箇所が前後方向にばらけていないため、このままでは箱が後ろに傾くという致命的欠陥を抱えていました。
そのため、右のほうにあるコンパネの端材を使った固定を追加する改修をしていました。


DSC_0706

MD90キャリアではコンパネの端材が必要なくなったものの、真ん中前側の部分のサドルは、キャリアを外さないとドライバーが入らないため、コンパネを外すときはキャリアを一度外さないといけなくなりました。


あれ?不便になってね?



DSC_0707

そしてキャリアがついた図。


DSC_0708

箱も載せてみました


DSC_0709
シートと箱の間にはこれだけのスペースがあります


DSC_0497

C50キャリア時代も、鞄を背負うためにかなりスペースを空けていましたが、これよりさらに後ろにずらして搭載してます。

たぶん頑張ればタンデムもできるくらいにはスペースがあります。(ただしタンデムステップ未装備なのでタンデムはできません。てかそもそもタンデムする相手が(ry )


DSC_0711

DSC_0712

そして完成。電動工具のおかげで1日の突貫工事でできました。現物合わせしながらなので、1日仕事になりましたが

青い車体にアクセントを加えるような、郵政レッドのキャリアがまぶしいです。

見た目にも鮮やかですが、実用面に関しては箱がさらに後方にずらせたことと、キャリアに溶接された取っ手のおかげで取り回しやすくなったことが大きいです。

強度に関しては、GW四国ツーにてキャンプ道具積載で2800㎞走破や、須賀川カブミーティング(600㎞)、厄払い新潟ツーリング(900㎞)等の行軍を何度か行ってきましたが、今のところ問題なし。キャリアをつかんで後輪も持ち上げられます

なにより、あまり人がやってないカスタムをやって、自己満足に浸ってるのが大きいですが。

まあバイクのカスタムってそんなものですよね。


以上、得する人が少なそうなカスタム記録でした



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

バナーを押さないでやってくれ。死ぬほど疲れてる