何度君を傷つければ気が済むのだろう。あたしって、ホントバカ


夏の5連休になったので、北陸にツーリングに行っていたのです。

しかし2日目はあいにくの雨。そんな中でもとりあえず能登半島を回ってこようと走っていたんですがね。


ええ、こけました。


DSC_0802

DSC_0801

国道160号のこのカーブ。下り側走行中にリアが滑って立て直そうとしましたが、あえなく逝きました。スリップには気を付けてたんですがね、まさかあんなバンク角でも逝くとは思わなんだ。

そこからローサイドでスライディングした結果がこれ。


DSC_0791

DSC_0792

こけた左側のパニアステーは変形、さらに箱を固定していたプラスチックサドルが衝撃に耐えかね破断。
プレスフロントキャリアもあらぬ方向を向き、ポジションライトのレンズも割れてます。

リア周りだけみれば大破もんですが、駆動系が大した衝撃受けてないので、自走は可能。さらに自分の体は箱いっぱいつけた相棒が身代りになってくれたので、左ひじと左ひざの軽い打撲(歩くのに支障なし)と、手首を少し擦りむいただけで済みました。
頭のほうも、スライディングしてる最中に「チクショウ!!」とか叫ぶくらいには余裕あり。


ここでこけなければまだ走ってる予定だった。しかし、現実を目の当たりに意気消沈してしばらく茫然自失でしたが、こいつを直さないことには帰れないので修理開始。


DSC_0798

DSC_0799

まず箱を積まないことには帰れないので、破断したプラスチックサドルに変わって、針金でコンパネのベースをキャリアに固定。

最近見始めた「ヤマノススメ」ってアニメで、非常用に針金を持っていくというシーンがありまして、それに影響を受けて今回から針金とテープを持っていたのですが、まさかこんなところで使うとは思わなかったです。備えあれば憂いなし。まあ使わないことが一番なんですが。

パニアステーとパニアケースは変形こそしてますが、ステーにクラックは見当たらないので、適当に叩き直した上で箱を縛り付けていくことに。


DSC_0803

そして何とか走れる状態になった相棒。

ふと、相棒を直してる時に思い出したのが、レッツ&ゴーで上から照明落ちてきて、マグナムとソニックが大破したので、レギュレーション違反になるけど最後まで走ろうってことで、2台の部品組み合わせてゴールするなんて話がありましたが、それを思い出しました。

自分の場合はしょーもない操縦ミスが原因なんですがね。
さてこんな状態なので、この後の行程消化はムリですが、何とかゴールせねばなるまい

出発は11時半過ぎ。ここから東京までは400kmほど。帰り着いたら思いっきり夜でしょうが、何とか走り切る。

走るのはもうナビの指示に任せて。ただし道中で国道158号の安房峠を走ることに。


安房峠

安房峠はこんな場所。東側のキチガイみたいなヘアピンの連続からお察しの通り、酷道ってやつです。

普段なら嬉々として走ってるでしょうが、降りしきる雨のなかを大破した相棒で走るわけです。登りは2速すら使えない急坂を含む酷道をです。疲れました。

ちなみに自動2輪と自動車であれば自専道のトンネルで一気にバイパスできます。ずるい。


この後も急カーブをはらんだ国道158号を下って、松本市へ。雨は松本あたりで上がりました。そこからは国道19、20号で南東へ。


CKlqB7EVEAE4ifD

道中の茅野市を過ぎたコンビニでの休憩の一コマ。この青空を北陸で見たかった。無念

この後も国道20号で家を目指す。日が暮れてから、雨がぱらついてくるところもありましたが、相模湖~国道412号あたりでは降られることもなく、2215頃に家に着きました。


CKmhrC_UYAAsAPk

CKmhr7HUwAARzFd

CKmht86VAAUBkpU

CKmhs88UcAAdXT3

相棒の損傷状況。プレスキャリアは変形し、パニアステーにパニアケースは大破。さらにあの頑丈なMDキャリアがひん曲がってます。こんな衝撃を受けつつも自分がピンピンしてるのは運がまだよかったってことでしょう。

そして、相棒のアイデンティティである当時物のサイドカバーが傷物に。正直これが一番痛い。新品で買うことのできないものですから。


そんなこんなで傷だらけの無念のゴールと相成りました。この状態で400kmを走り切ってくれたことに感謝。そしてつまらんミスでこうしてしまってすまない。

今の自分にできるのは、一刻も早くこいつを直すことだけ。やっちゃったものは仕方ないし、直しますか。




でも精神的ショック受けてるんは違いないんで、ひなたちゃんに悪態突かれつつ慰められたいです。


おわり