タイトル
 
今年のカフェカブ青山でのじゃんけん大会の選ばれし十人としてモーターショー行ってきた。

おねーちゃんの写真や、デカいバイク系はほかの人に丸投げして自分のとこはカブに絞って紹介しようと思います。

 



というわけでさっそく本文です。写真多めで行きますよ

ブログ用1

今年のカフェカブやら雑誌やらでも紹介されて大いに話題になったスーパーカブコンセプト。
特に見に行くつもりはなかったんですが、せっかくチケットもらったんだからということで見に行きました。

ホンダの展示ブースの中でやや奥の方にNEW EVカブと共に並べられて展示されていました。

さて、細部を見ていきます


ブログ用4

まず全体像。C100スタイルをよく再現した上で現代チックにリファインされています。

写真後ろでモザイクかけてない人がいますが、ホンダの二輪部門のデザイナーである渡辺徳丸さんです。今年のカフェカブ青山参加した人ならばご存知でしょう。JA07型やこのコンセプトモデルののデザイナーさんです。

今回はせっかくここにいらしたのでいろいろ質問してみました。今回はその回答も併せて書いていきます。


ブログ用2


車体の右側面。C100系の特徴だった平べったい形のモナカマフラーもよく再現されています。

ブログ用7

DSC_0277

 ハンドルやライト回り。ウインカーは半埋め込み式のような形で設置されています。

灯火類はヘッドライト、ウインカー、テールライトのすべてがLED。市販車も消費電力削減の観点からフルLEDになるとのことです。

車体は車体回り、レッグシールド共にラメの入ったパール塗装(レッグは塗装じゃないかも) になっています。


DSC_0291

DSC_0309_01

車体左側、タンクとシート周り。サイドカバーはC100から続いてタンク別体式のC50、65、70やMD50、70の形を意識した台形型。しかし厚さは左右ともにかなり薄く、車載工具とか入ってるの?といったところ

 シートはカブらしいあの形。しかし後部のエンブレムは何と立体的なものになってます。レッグ、タンク、シートなどのエンブレムや、車体の塗装の仕上げの良さも相まって安っぽさを感じさせません


ブログ用5
 
テール側。先にも述べた通り灯火類はLEDです。リアキャリアはC100~あんどんがつくまでの古いカブのような小さめのもの。

大きなリアキャリアをオプションで出しますか?なんて聞いてみましたが、そのあたりまではまだ決まってないとのこと。


DSC_0225

DSC_0298
 
リアのスイングアーム回り。リアショックの地金色の部分は色的にアルミだと思います。多分削り出し。ショーモデルだけに金掛かってます。市販化の際はどうなるんでしょう

スイングアームはおそらくアルミの押し出し材。先っちょは多分削り出しですかね。
アクスルシャフトのボルトヘッドがくぼんだ部分に収まっててすっきりしてます。チェーンアジャスターは現在のカブのアクスルシャフトに共締めして引っ張る形ではなく、アクスルに挟んだ部品をボルトで押し出す形になってます。何気に目盛りもきっちり刻まれてて、目も細かいです。

チェーンケースはMDやあんどんカブのようにボディと同色に塗装がされてます。ピープホールもしっかりついてて、ここはそのままでも出てきそうと期待する作りです 。


DSC_0286

チェンジペダル。滑り止め少なくて滑りそう。材質はこれもアルミっぽい。ステップバーも現在の鉄に黒塗装ではなく、アルミ製の高級感漂うものが奢られています。ただし市販化の際には真っ先にコストカットに遭いそうなところだけにどうなるか。

L/HのクランクケースカバーはOHCセル無しカブのものと形が似ていますが、スプロケ部分だけ分かれて外せるようです。あと張り出しが若干大きく感じます。


DSC_0284
 
シリンダヘッド。FIリトルのようなのっぺりした形ではなく、フィンがついてます。

マフラーは触媒とかは付いておらず、ショーモデル用のものなのかなと思います。


DSC_0300
 
クランクケース。ショーモデルなのに刻印があり、AA02E-1022967と読めます。

知識のある方ならピンとくるでしょうが、これはFIリトルや2012年までのFIスーパーカブ50と同じ型式です。
渡辺さんに確認したところクランクケースはFIリトルと共通で、左右クランクケースカバーのみ新規に製作。エンジンもおそらくこれベースで開発していくだろう。とのことです。

ただし現段階では3速にするか、4速にするかといった内部の仕様はまだ決まってないそうです。


DSC_0328
 
エンジン右側。見慣れた形を滑らかしたような形ですが、キックペダルがありません。

これについては、ジェネレーターをPCXのようなセルダイ(ACGスターター)を装備することでキックを無くしたいという意向のようです。

部品点数削減、構造の簡素化に軽量化など、メリットは多そうですが、同時に今まであったものがなくなるというのも少し不安要素になりそうな気もします。

あとステップとブレーキペダルの間を通るエキパイがまっすぐに伸びていますが、これをまっすぐにするためにステップとかペダルの設計をしているとか。何気に渡辺さんのこだわりポイントのようです。

この関係で、FIリトルにこのマフラー付けたりするときに一工夫いるかもしれません。今のFIリトルのマフラーってエキパイが複雑に曲がっているので。

そういえばクラッチアジャスト用のADJスクリューとロックナットついてませんね。市販化の時はやっぱり追加になるんでしょうか。


DSC_0329

DSC_0239
 
マフラー。C100モナカを意識した平べったい形。ただしモナカ合わせではないようです。

構造はフルメッキではなく、今のJA10/AA04のような黒塗装にメッキカバーをかぶせた構造です。メッキにすると焼け色がついて云々なんて話も聞いたのでその辺を考慮しての事でしょう。


DSC_0334
 
センタースタンド。これもアルミ製っぽい。裏にショックダンパーのためのラバーが張り付けてあります。ステップ共々真っ先にコストダウンされそうな場所ですが果たして


 
DSC_0218

ブログ用6

前後ホイール。見ての通りキャストホイールです。

どうしてキャストにしたんですか?と質問しましたが、これについてはまず、このコンセプトに似合うのがキャストホイールであると判断したことや、キャストホイールの方が耐パンク性や、整備性、軽量化の面で有利であると判断したからとのことです。

もしパンクした場合、チューブレスなら最悪ガソスタでも修理ができる場合もあるのでその点では有利かもしれません。

あと履いてるタイヤですがフロントがIRC NF63 70/90-17、リアがNR78 80/90-17のようです。このタイヤはチューブタイヤですが、チューブレスを使うつもりともいっておりました。

あとフロントショックはJA10/AA04から続いてテレスコです。あぁ^~ハンドルがぴょんぴょんするんじゃ^~(ボトムリンク的な意味で)ということにはならなさそうです


DSC_0318_01

DSC_0320_01

DSC_0323_01

ハンドルスイッチ。ウインカーは左です。ウインカーは左です。大事なことなので(ry

これについても、市販化の際も左で変えることはないそうです。そういう意味ではこのカブは趣味系に振った性格を持っているともいえます。カブプロでは未だに右ウインカーは生きてますから。

なおスタータースイッチがありませんが、これは市販化の時はちゃんとつけるそうです。

スロットルグリップもゴムの一体成型ではなく、合皮を縫い付けてあるような感じです。あとよく見たらブレーキワイヤーが通ってませんね。

 
DSC_0326

イグニッションスイッチ。ハンドルロック一体型です。まあ当然ですね。


DSC_0315
 
メーター。真ん中のデジタルメーターが目を引きます。

ウインカーINDは左右独立、ハイビームINDに燃料残量計(6分割)、 そしてカブ乗り垂涎だったシフトインジケーターにおそらくトリップメーターまで付いています。至れり尽くせりでとても50ccには思えない豪華なメーターです。


全体的な感想としてはショーモデルとしての見栄えを意識した造りのところも多い印象なので、これがどこまで市販車に反映されてくるかを見てみたいです。

あと見栄えの面なんでしょうが、ほとんどの部分がキャップボルトになってました。整備性を考えるとヘックスヘッドのほうがいいかなーというのはサンデー整備士のたわごとです。


ブログ用3

ブログ用1

あとはEVカブとの並び。今回のEVかぶは若干デザインが変更されており、ガソリン車のスーパーカブコンセプトと共通の意匠でまとめられてます。実際共通部品も結構見受けられます。

なおEVカブは原付一種相当の出力のモーターを積んでおり、原付二種相当のモーターのモデルを作る予定はないそうです。あくまでチョイノリ用途といったのを想定しているようです。


さて、写真とともに書けなかったけど、渡辺さんに質問したことがあるのでまとめておきます。

110モデルは出しますか?
→可能性はある。

JA10/AA04はどうなりますか? 
→並行販売するかもしれないし、もしかしたらなくなるかもしれない。このコンセプトモデルをベースに業務用のモデルを作るかどうかも未定なので何とも言えない。

リトルカブはどうなりますか?
→JA10系と同じく何とも言えないけど、おそらく並行販売。

生産国、と価格はどうなりますか?
→できれば日本でやりたい。価格までは未定。

発売時期はいつ頃ですか?
→来年は無理だけど、再来年に市販モデルを出展予定。市販化もそのタイミングでやりたい。


とりあえずここまで聞いてきました。いろいろ聞きまくりましたが、渡辺さんは嫌な顔一つせず快く対応してくれました。感謝です。

あとここまで答えてくれるということは多分ここで公開しちゃってもいいよね?


DSC_0273

スーパーカブコンセプト、果たして偉大なる祖先超えることはできるのか。その旅はまだ始まったばかりですが、期待したいところです。


あれ、今気づいたら文字だらけじゃね?

 
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

いつ押すの?今でっ・・・いや、別に、いつでもいいけど。